読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切迫早産入院(8日目)

妊娠31週5日目

朝、エコーを取られる。子宮頚管が1.9mm→1.3mmに。

状態が悪化していることにショックを受ける。

 

私「私に何かできることはありませんか。」

担当医「ありません。内蔵の問題なので、本人の意思ではどうにもなりません。」

私「…」

 

ストレスにならないように気持ちを明るく持つようにする。

15時に精密なエコーを受けに行く。入院病棟よりも診察室の方が

エコー映像が鮮明に映るらしい。

30分で終わるということだったので、義理の母の面会予定の時間にも

間に合うだろうと思う。

しかし結局診察室前の椅子で50分以上も待たされ

その結果お腹がパンパンにはり冷や汗が出る。

 

次男坊は本当に元気で安心。

戻ってくると義理の母は着替えなどの荷物を置いていってくれて

長男のお迎えのために既に帰宅…。

また入院生活で誰とも話せない生活がしばらく続く…。

 

入院中、思うように話せない

私は、トイレ以外は基本ベッドの上でした。

大部屋(4人)に入院していたのですが、カーテンで区切られていて

数日で入院患者が変わっていったり、

私のような切迫早産で入院するだけではなく

婦人科の様々な病気を患って入院してきた方もいる中で

*たいていの話が筒抜けなので事情を知ってしまいます…。

入院している方々と話をすることができませんでした。

 

ロビーで電話!と思っても、わざわざナースコールをして、車いすに乗せてもらい

ロビーに連れていってもらわないといけない。

車いすに「座る」のも、子宮頚管が短くなる可能性もあり気が引ける…。

そして電話もしなくなり、1日で話すのは看護士さんと担当医くらいになりました。

極端にアウトプットをしなくなった結果、

退院後は話すこともどこかぎこちなくなっていたような…(汗)